保証会社を絶対付けてください!と言われましても…

家を貸すリスクの代表的なものといえば家賃滞納ですね。
5A9DACA5-5A0E-458F-970C-66F844AA5022.png
最近は景気が良い(?)と言われつつも、不安定な世の中なので家賃の支払いが難しくなる方も勿論います。

そのために存在するのが保証会社です。
保証会社の仕事はシンプルです。家賃を滞納した入居者に代わって家賃を払い、その後、入居者から家賃をきちんと集金してくれるのです。(3ヶ月以上集金できなかったら強制退去手続きもしてくれます。)

なので保証会社を利用すれば、オーナーとしては家賃滞納に怯えることはないのです。

私の会社でも基本は保証会社を付けてもらってます。基本というのは個人名義の契約なら100%、法人名義の契約なら会社規模によって判断してます。

少し困ってしまったのが、この前、保証会社について知り合いから聞いたというオーナーさんが入居申込を入れてくれた大会社(資本金6億、従業員数500人超)に保証会社を付けるよう求めてきたこと…orz
何ならウチの会社より大きいですし、保証会社よりも資本金があります。こんな大きな会社に保証会社を付けろ、というのは失礼にあたるので何とか保証会社なしの方向で契約をしていただくよう話しをしましたよ(⌒-⌒; )

大会社だって潰れることはありますが、そしたら当然契約は解除となりますし、社員さんは次の仕事に移られて退去しますので家賃滞納リスクはほぼほぼありません。

保証会社を付けていたたくのが契約の条件です!と言われてしまったときは焦りましたね〜(゚o゚;; 

どうなることかと思いましたが、無事に話がまとまって良かったです。